ITを使って販売管理|経営をサポートしてもらう飲食店のコンサルタントの選び方

経営をサポートしてもらう飲食店のコンサルタントの選び方

ITを使って販売管理

レジ

売上の集計を省力化

現在、小売業やサービス業において、経営管理を合理化するシステムとして広く普及しているのがPOSです。POSは、以前からスーパーマーケットチェーン等において各店舗の売り上げ状況を一元的に管理するシステムとして用いられてきました。しかし今ではIT技術の進歩によってシステムのコンパクト化・低価格化が実現しており、小規模事業者でも手軽に利用できるようになっています。POSを導入すれば、商品に付いているバーコードを読み取るだけで瞬時に販売データが収録できるようになります。このデータはその場で代金の精算用に使われるほか、売上の記録として保存されます。そのため、営業時間終了後に改めて売上高を手計算するといった手間をなくすことができます。

データを経営分析に活用

ただ、POSシステムは単に計算業務を楽にするためだけのものではない点に注意が必要です。他にも大きなメリットがあります。入力されたデータはPOSレジと呼ばれるレジに保存されますが、この機械は商品の金額だけでなく、商品名や個数、場合によっては購入者の個人情報なども収録することが可能です。そのため、一定期間ごとにデータを取りまとめることによって、個別の商品ごとの売上動向、商品間の売上比較、年齢や性別ごとの消費パターンなどを分析する資料として活用できます。これにより、在庫の調整や販促キャンペーンなどをより緻密に行うことが可能になります。データの収録方法はバーコード以外にもあります。飲食店などでは、メニューを表示したタッチパネルによる入力も普及しています。